『有馬』
先月末、京都丹後の『一の宮籠(この)神社』を訪れました。
別名『元伊勢籠神社』といわれ、天照大神が皇居を出られ、伊勢に遷幸される途中に4年間留まれた、とされているため元伊勢を冠して称されているそうです。
この籠神社は日本三景「天橋立」の北側に鎮座されています。
天橋立は、『神代の昔、国生みをされた男神「イザナギノミコト」が地上の真名井原の盤座に祀られていた女神「イザナミノミコト」のもとに通うため、天から大きな梯子を地上に懸けられて通われました。ところが寝ていらっしゃる間に一夜にして梯子が倒れてしまい、それが天橋立になった』と伝えられています。
 この「イザナミノミコト」の墓所とされているのが、日本書紀に日本最古の神社として記されている『花の窟(はなのいわや)神社』で、三重県熊野市有馬町に祀られています。
熊野の「有馬」です。
「有馬」の名の由来には諸説あるのですが、アイヌ語の「燃える谷」を意味する「アリマ」から、という説が私どもの「有馬」にふさわしいと私は思っています。
高温の温泉が噴出するさまは、六甲の山懐に抱かれる情景からまさに「燃える谷」だったのでしょう。

いま、晩秋の有馬温泉は、六甲の山々が紅葉に色づき、さながら「燃える山」。
アイヌ語で「燃える山」はなんというのでしょうか?
 冬に向かうこの時期、「燃える谷」と「燃える山」が織りなす風情が素晴らしい有馬温泉へ是非お越しくださいますよう、従業員一同お待ちしております。

予約係 長谷川

紅葉の季節です

こんにちは 宿泊部の相武と申します。
 
 木々の葉の色が変わり始め秋の訪れも目に見えてわかるようになってきたかと思うと はやいもので
今日は立冬
 語呂合わせから11月7日は「いい女」の日 また「鍋の日」とも言われるそうです。
 食べて楽しむ春の七草に対し
鑑賞して楽しむ秋の七草
「お好きな服は」と覚えるといいそうです
お おみなえし(女郎花)
す ススキ(薄)
き キキョウ(桔梗)
な なでしこ(撫子)
ふ ふじばかま(藤袴)
く くず(葛)
は はぎ(萩)

今日の瑞宝寺公園のもみじは見頃です
皆様どうぞ有馬ソサエティにぜひお越しくださいませ
お待ちしております。

ごあいさつ

初めまして、広報担当の箕浦と申します。
館内の掲示物や各種ご案内、ハガキやチラシ(の一部)のデザインを担当し、今年で3年目になります。

有馬ソサエティから皆様にお伝えしたい情報を、一にわかりやすく、二に美しく、デザインするよう心掛けております。
完全な裏方ではありますが、皆様に少しでも快適にお泊りいただけるよう、お手伝いができれば幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

広報 箕浦

11月になり急に寒くなりました。季節の変わり目は風邪をひきやすいですので
体調管理には気をつけて下さい。風邪に負けそうな時は温泉に浸かり体を
温めて風邪の菌と戦うのもいいのではと思います。今月はもみじの季節の為
当館周辺の道が通行規制をしておりますのでお越しの際はお気をつけてお越しくださいませ。

宿泊部 加島

秋の夜長

  10月は月の半分が雨降りでかつ気温が低い状態が続きましたが、ようやく晴天に恵まれてきました。
晴天の夜、といえば「虫の声」。こおろぎ・鈴虫が代表的ですか。湯上りの後、虫の声を聴きながらくつろぐ
なんて贅沢ですね。当館の温泉でほっこりしていただき、お部屋でゆったりとおくつろぎ下さい。
皆様のお越しをお待ちしております。

                               
                                                     宿泊部   小西

 | BLOG TOP |  NEXT»»
スマホビュー